債務整理は自己破産も含め4種類あります。

後遺障害が残ったら交通事故弁護士に慰謝料の相談を

交通事故で後遺障害が残ったら、交通事故弁護士に慰謝料の相談をしましょう。後遺障害慰謝料は、最も低い14級でも110万円が認められます。しかし、保険会社は被害者の無知につけこんで低い金額で示談をしようとすることがあります。

後で後悔をしないように、早い段階で弁護士に相談をしておくことがおすすめです。 交通事故では、治療費、休業損害、車の修理費など、事故がなかったらかからなかったであろうすべてのお金を請求できるのが基本です。

しかし、精神的な損害に対する賠償である慰謝料は素人では算定が難しい問題です。専門家のアドバイスを聞くことが、納得のいく解決への近道です。

ページトップへ戻る