債務整理は自己破産も含め4種類あります。

過払いはいつ行うべきか

自分も過払いを行おうかな、と思っている人はどのタイミングで行うといいのでしょうか。返済がすべて終了してから一定の期間を過ぎるまでの間であれば、基本的にいつでも行う事ができます。

しかし、稀なケースですが、その期間内に金融機関が破たんしてしまうと事も考えられます。また、破たんまでいかなくても経営状態が好ましくない場合は戻ってこないという可能性も高くなってしまいます。

ですので、もし可能なら少しでも早く行っておく方がいいでしょう。借金を返済している時に金融機関と険悪な関係になるのは避けたいという人は、すべて返済が終わったタイミングで過払いを行うというのもいいでしょう。

過払い請求が住宅ローンに影響する場合

過払い請求は、それだけでは住宅ローン審査に影響しません。請求をして、払いすぎたお金を取り戻しただけなら、個人信用情報には、なんら不利な情報が残りません。

しかし、過払い請求をしても、なお借金が残っていて、それを任意整理した場合には、住宅ローン審査に通らなくなってしまうでしょう。弁護士は勝手に任意整理をしてしまうことはないので、それほど心配する必要はありませんが、任意整理をするという話になったら、注意をしておきましょう。過払い金よりも借金の残高のほうが小さくなったタイミングで行うようにすれば、デメリットはありません。

過払い金と必要書類について

過払い金の返還請求をするにあたり、様々な必要書類を準備しなければならないことがありますが、前もって専門家から助言を受けることで、将来的なトラブルを回避することが可能です。

また、過払い金のリスクに関しては、一般の消費者にとって、スムーズに理解をすることが難しいケースがあるため、常日ごろから経験者のアドバイスを積極的に聞き入れることがおすすめです。

また、過払い金のメリットやデメリットについては、数々の情報誌などでピックアップされることが増えてきており、空き時間を使いながら、便利な情報をキャッチすることが良いでしょう。

将来の過払い請求は弁護士の仕事で減るもの

これから過払いが生じてくると考えづらく、弁護士の依頼として徐々に減っていく可能性があります。金利の調整は結構前に実施されていて、それ以前の問題については過払い請求が可能であると告げられていますが、新しくなった方法では請求できない仕組みとなっています。

もう少し経過すると、改正された金利になりますので、徐々にですが請求したいと考えている人は出てこなくなります。過払い請求についても、計算しても1円も発生していない場合が多くなるので、将来的にはほぼ実施されることもなく、弁護士の依頼としても減っていく傾向があります。

過払いに関する記事

ページトップへ戻る