債務整理は自己破産も含め4種類あります。

行政書士の制度

現在適応されている法律の一つに行政書士法と呼ばれるものがあります。

この法律は第一章から第九章そして附則から構成されています。

この法律は、行政書士の制度について定めており、必ずこの法律に基づいて仕事を行います。細かい内容に関しては、たびたび改正される事もあるみたいです。

内容に関しては、仕事を行う事ができる範囲や、業務に取り組む目的、もしくは義務に関して定められています。

資格試験で問われる事はないそうですが、これから資格を取りたいという人や、現在すでに仕事をしているという人にとってはぜひ知っておきたい内容ですね。業務を行う中で知っていると、きっと役立つ事も出てくる事でしょう。

ページトップへ戻る