債務整理は自己破産も含め4種類あります。

交通事故慰謝料請求、困ったら弁護士に相談を!

交通事故に遭った場合、被害者(死亡の場合は遺族)は加害者に対し損害賠償請求をすることができます。 損害賠償額の算定は、以下の手順で行われます。

1:治療費、休業損害、逸失利益、慰謝料や物損等により生じた損害額を算定し、総額を確定させます。

2:被害者側に過失がある場合は、1で算定した金額に対し過失相殺を行い、損害賠償額を減額します。

3:加害者等から既に損害賠償の一部として受け取った金額がある場合は、2で計算した金額から差し引き、残額が被害者に  支払われます。そのうち、加害者から支払われた見舞金や香典については、社会儀礼的にみて常識的な範囲であれば  損害賠償から控除しないものとされています。

これらの算定は、個人が行うには通常困難が伴うため、弁護士に依頼するのが一般的です。

交通事故慰謝料の事例について

交通事故慰謝料の事例にはさまざまなものがあります。大きく言われているのが慰謝料金額の引き上げです。弁護士に依頼したことで増額された事例がいくつもあります。中には増額の金額は膨大なものがあり、弁護士費用で依頼するのを懸念しているのであれば、非常にもったいないことと言えます。

慰謝料の基準には3つあり、どの基準が適用されるかで受け取れる金額は大きく左右されるものであります。弁護士費用が不安な様であれば、まずは無料相談で事故の規模などを説明し、慰謝料の引き上げが可能かどうかを問い合わせてみることでしょう。

弁護士基準での交通事故慰謝料を受け取りたい

交通事故の被害者側になった場合において、何らかの被害が発生しますので交通事故慰謝料を受け取ることと思います。そのような場合において弁護士基準の慰謝料が、高い金額での支払い基準と分かれば、その基準で支払ってもらいたいと思うでしょう。

しかしながら、自力で示談交渉をおこなっても相手はプロの保険会社員になりますので、なかなかそのようにうまくはいきません。一番良い方法として挙げられるのが、交通事故弁護士に依頼することでしょう。彼らは交渉のプロになりますから、依頼人に変わって有利な交渉をしてくれるでしょう。

過去の事例が交通事故慰謝料を作る

これまでの経験を元にして、最終的に交通事故慰謝料は決定されます。もし経験がなかったり、事例がそこまで多くないなら、決められている慰謝料は適当なものです。これでは納得できる人も多くならないので、出来る限り納得できる金額を設定します。

過去の事例によって、慰謝料はある程度決められています。この金額を理解して、交渉するとわかりやすいです。安心して提示できる金額となり、更に過去の金額から目安として判断され、ズレが生じることもないのです。わからないときは、弁護士に過去の金額を出してもらい、交渉に使ってください。

保険会社を通じた示談によって交通事故慰謝料を請求する場合

保険会社を通じた示談によって交通事故慰謝料を請求する場合、その金額は、保険会社が独自に定めている基準によって積算されたものとなります。この基準については、ドライバーの誰もが加入している自賠責保険よりも、やや金額が増えた程度と捉えるのがよいといえます。

しかし、それでは十分な金額ではなく、納得ができないという場合、弁護士に相談の上で、弁護士に本人の代理として示談の交渉を引き受けてもらうか、または訴訟に持ち込むのがよい場合があります。弁護士に依頼した場合、弁護士基準と呼ばれる、過去の判例などをもとにした基準が用いられます。これは自賠責保険や保険会社独自の基準よりも数段有利な内容です。

交通事故弁護士、慰謝料に関する記事

ページトップへ戻る