債務整理は自己破産も含め4種類あります。

交通事故慰謝料請求、困ったら弁護士に相談を!

交通事故に遭った場合、被害者(死亡の場合は遺族)は加害者に対し損害賠償請求をすることができます。 損害賠償額の算定は、以下の手順で行われます。

1:治療費、休業損害、逸失利益、慰謝料や物損等により生じた損害額を算定し、総額を確定させます。

2:被害者側に過失がある場合は、1で算定した金額に対し過失相殺を行い、損害賠償額を減額します。

3:加害者等から既に損害賠償の一部として受け取った金額がある場合は、2で計算した金額から差し引き、残額が被害者に  支払われます。そのうち、加害者から支払われた見舞金や香典については、社会儀礼的にみて常識的な範囲であれば  損害賠償から控除しないものとされています。

これらの算定は、個人が行うには通常困難が伴うため、弁護士に依頼するのが一般的です。  

ページトップへ戻る