詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

交通事故慰謝料を弁護士基準で受け取るには

交通事故慰謝料の請求手続きを行う際、加害者との交渉がなかなか思うように進められない時などには弁護士へ相談する方も多く見受けられます。法律に沿った弁護士基準での請求手続きは、個人的に問題解決を目指す時よりも多額の慰謝料が受け取れる場合もあります。

交通事故に遭ってしまった被害者として損することなく対応してもらうには、頼りになる存在を上手く利用することも大切です。慰謝料の内容としては通常、怪我を負ってしまった際の治療費や入院費、事故の影響によって仕事を休まなければならない場合の補償などが含まれています。

3つの基準においては弁護士基準慰謝料や自賠責基準慰謝料、任意保険基準慰謝料

交通事故が発生してしまった場合において、交通事故慰謝料が支払われる事は誰もが知っていることでしょう。しかしながら、その交通事故慰謝料に3つの基準がある事は、意外にもあまり知られていません。

3つの基準においては弁護士基準慰謝料や自賠責基準慰謝料、任意保険基準慰謝料があります。それぞれの基準において慰謝料の支払いがされますが、基準によって金額が大きくことなることが挙げられます。慰謝料のなかでも弁護士基準は一番高い基準となっていて、過去の裁判所の事例を元にして、きちんと算出されていることがわかりますので、適正な慰謝料をもらうことができます。

弁護士基準の交通事故慰謝料が獲得できるかも知れません

不慮な事故が起こってしまった場合において、どのように対処すべきかわからないようであれば、交通事故弁護士に一度相談することです。交通事故については複雑な専門知識が関わってくる分野でもありますので、きちっと対応して行くには専門家に依頼することが一番となります。

交通事故弁護士に交渉をお願いすることで、弁護士基準の交通事故慰謝料が獲得できるかも知れません。現にそのような事例はたくさんあります。当然の権利とも言えますので、自力で無理に頑張ろうとするのではなく、交通事故弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士基準で交通事故慰謝料が増額する理由

交通事故を起こしてしまった際に、弁護士に依頼するだけで交通事故慰謝料が増額するケースがあります。その理由としては交通事故の裁判の判例を基準したものがあり、交通事故裁判において実際に慰謝料の判例が出た基準を弁護士基準と言い、同じような事故のケースでは同じような判決が出ると考えられる金額があり、弁護士に依頼するだけで慰謝料が増額する可能性が高くなるのです。

交通事故のケースによって違いはありますが、弁護士基準とその他の基準では100万円以上の増額や、場合により3倍から4倍も金額が違うケースが出てくるので一度弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故慰謝料は弁護士基準で2倍になる?

交通事故慰謝料は、任意保険基準と弁護士基準では大きな差があります。後遺障害等級が14級でも、2倍以上の差ができることもあるようです。保険会社が良心的ならば、相場通りの慰謝料を支払ってくれますが、それでも弁護士に依頼をしたほうが、いくらか金額は上がる傾向があります。

悪質な場合ですと、後遺障害14級でも自賠責基準の32万円しか支払えないと言ってくる保険会社の担当者も存在するようです。相談だけならば無料で受けられることが多いので、まずは相談をしてみましょう。後遺障害が認定されたケースでは、弁護士に相談をすることで損害賠償が跳ね上がる傾向があります。

交通事故弁護士、慰謝料に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

ページトップへ戻る