債務整理は自己破産も含め4種類あります。

浮気離婚慰謝料を請求する場合は期限があります

浮気離婚の場合、相手方に慰謝料を請求する権利に時効という期限があります。 この期限が過ぎてしまうと、浮気をしたご主人や浮気相手への請求が難しくなってしま います。

不貞行為の慰謝料は、「損害および加害者を知った時から3年」と、「不倫関係があった ときから20年」の2通りあります。 この時発生する浮気離婚慰謝料によって時効の時期が異なりますので、法律の専門家にご相談 することをおすすめします。

また、単なる過ちといえるような1度の肉体関係で請求することは難しいと言えますし、 浮気相手が既婚者であることを知っていたことが前提となります。 時効が近いので何とかしたいと思っている場合にも止める方法などがありますので、専 門家へ急いで相談しましょう。

ページトップへ戻る