詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

過去の過払いにおける実績

どの弁護士に過払いの相談をしようか迷っているという人もいるのではないでしょうか。その場合には、その弁護士が過去に行った過払いの実績を確認してみるのもいいかもしれませんね。

弁護士の中にはホームページ内で、これまでに取り戻す事ができた過払いの件数や合計金額を発表している事もあります。件数や金額はなるべく多い方が好ましいと言えます。

弁護士選びにおいて実績を重視したいという人は、ぜひその様な記載があるか確認を行ってから過払いの依頼をしたいですね。

自分がこの人なら過払いをお任せできるだろう、と思える人を探したいですね。弁護士選びの際には他にもいろんな点に注目している人もいます。

弁護士は過払い請求に強くない場合も

本当に行っている会社であれば、どんどん実施してくれる可能性も持っていますが、あまり行っていない個人の弁護士など、強くない場合もあります。依頼を出してみると、そんなに強くないことがわかって、過払い請求に関連しているサービスが使えない場合もあります。

無料相談によって、ある程度分かる場合もありますので、無料での話はしっかりと考えてください。もし無料相談であまりいいように感じられないなら、ネットで強いとされているところを考えてみるのもいいでしょう。ネットを活用することで、多くの要素を得てから実際にサービスを使えるようになります。

借金と過払い請求には弁護士も違いを出す

弁護士は、借金を減らすための方法と、過払い請求として単独で過払いを回収する方法については使い分けています。実際に請求することとなった場合には、過払いを回収して色々な要素に使えることを説明しています。

一方で借金に関連していることについては、借金を減らせる方法として過払い請求も用意されていると告げている程度で、あまり重要視していない傾向があります。この違いについては、金額面などの負担も考えられていますが、それ以上に回収できたとしても、借金自体が減っていくような状況にならないので、他の方法を優先していくのです。

弁護士が過払い請求をおこなう

実は借金があることについて、家族に秘密にしている人もいることでしょう。そのような人はどうにかして、バレないように返済を行われています。そのような人たちにとってのハードルの高い部分が借金相談になります。順調に返済ができているのであればいいのですが、なかには返済が困難になってしまっている人もいることでしょう。

そのような人には、弁護士に相談することがむずかしいことでしょう。過払い請求などですでに開始終えている人も同様であることが挙げられます。弁護士には守秘義務がありますので、秘密にしてくれますので、安心して相談をすることができるでしょう。

過払い請求は弁護士を通じ行いましょう

過払い請求は借入れ経験のある方が借入れ先の金融機関に対し、法律で定められた利率より高い利息を払っているのに対し、過去に遡り払いすぎた利息を返してもらうように請求する権利です。過去に遡って返してもらうことが出来るので、過去に一度でも借り入れ経験がある方は対象となります。

利息を返してもらうには、弁護士に相談をして弁護士から請求してもらうようにしてください。現在借金があり、返済中の方も利息を返してもらうことが出来るので、借金の減額をすることが出来ます。借金で苦しんでいる方はすぐに相談するようにしてください。

過払いに関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

ページトップへ戻る