債務整理は自己破産も含め4種類あります。

債務整理

たくさんある借金に対して債務整理を行った後もなお生活のやり繰りが大変な状態が続く事もある様です。でも、そんな時に車や家を買いたいのであれば、なおさらローンを組みたいと思う事も出てくるでしょう。

債務整理を行えば必ずしも、ローンが組めなくなるという事でもない様です。過払い請求など減額率が低いものの中には、その後にも問題なくローンが組める事もある様です。

また、ローンが組めない状態が一生涯続くという分けではなく、一定以上の時間が経つとまた、以前の様にローンを利用できる事もあるそうです。

ローンに限らず、クレジットカードなどの利用も同様に使える様になる事もある様ですね。

債務整理は弁護士に無料相談を

弁護士に相談するのは敷居が高いと思っている人が多いことでしょう。費用のことが心配になったり、借金のことを相談すると怒られると不安になったりする人も少なくありません。

しかし、昨今は債務整理については無料相談を受け付けている法律事務所もたくさんあります。また、ギャンブルや浪費が原因の借金でも頭ごなしに叱るような弁護士はあまりいません。

司法書士との違いも気になるところですが、司法書士ですと任意整理の際に取り扱える債務額に上限があり、また自己破産の場合には申立書類を作成するのみになります。しかし、弁護士なら大きな額の借金でも任意整理できますし、自己破産の際に裁判所に同行することが可能です。 ですから、債務整理については弁護士に無料で相談するのがベストでしょう。

債務整理は弁護士事務所に依頼しよう

特殊な手続きで借金・金利の支払い額を減らすことを債務整理と言います。全ての金銭的負担を免責される自己破産とは異なり、官報には記載されず財産も没収されません。クレジットカードやローンが使用不可になるペナルティもないので、引き続き借り入れを行うことができます。

債務整理を行うには、弁護士などの専門家を仲介人にして、カード会社・キャッシング業者と交渉する必要があります。債務整理は司法書士や弁護士事務所などに依頼すれば行うことができます。借金・金利の減額や分割払いの交渉を行うことが可能で、相談前と比べて金銭的・心理的負担が軽くなります。

ページトップへ戻る