債務整理は自己破産も含め4種類あります。

交通事故慰謝料と弁護士基準

交通事故慰謝料は、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料の2つに分かれます。入通院慰謝料は、通院日数と入通院慰謝料に分かれています。 また、慰謝料には、自賠責保険での慰謝料算出、任意保険での慰謝料算出、弁護士基準での慰謝料算出の3つの基準があります。

弁護士基慰謝料算出は赤い本の基準により慰謝料が算出されます。 先ほどの入院慰謝料と後遺障害慰謝料の合計となり、弁護士基準での慰謝料計算は、任意保険の慰謝料計算よりも高くなります。実際に事故が起きた時に保険会社とのやり取りの際に、弁護士に相談してみると慰謝料が高くなるかもしれませんね。

事例ごとの格差を減らすための交通事故慰謝料の計算基準

交通事故の被害者は、いろいろな方面で大きな損害を受けます。怪我をして入通院の治療をしたり、持ち物が損壊また仕事を休むことになり収入が減るという損失もあります。そして忘れてならないのが、交通事故に遭うことで被る精神的苦痛です。

被害者は、受けた精神的ダメージに対しても賠償金を請求できます。これが交通事故慰謝料です。慰謝料では、精神的な苦痛という性質上実費の治療費や基礎収入に基づく休業補償などに比較し個人差が大という特徴があります。個人差により同じような交通事故なのに事例によって慰謝料額が大きく異なるという不公平を減らすため、交通事故慰謝料には計算のための基準が設定されています。

弁護士基準で交渉するなら交通事故慰謝料は増額する

交通事故慰謝料には、入通院慰謝料や後遺障害慰謝料、さらに死亡慰謝料があります。しかし自賠責保険や任意保険で提示された慰謝料が妥当な金額ではなく、被害者や遺族にとっては納得できないという場合があります。

そのような時、被害者側は弁護士に依頼して、弁護士基準で慰謝料請求をしてもらうことができます。この弁護士基準は、裁判所基準と呼ばれることもあり、弁護士がその交通事故を独自に調査して提示する賠償金の基準です。そのため、保険会社や加害者側との示談交渉に実績のある弁護士を選ぶなら、賠償金の増額が見込めます。

交通事故慰謝料は弁護士基準で請求すると良い

交通事故慰謝料は、弁護士に依頼することで増額できる場合があります。まず交通事故で怪我を負った場合、通常、継続的な治療が必要となります。入院や通院に必要な費用は、加害者が加入している保険会社から支払われるのが普通です。

しかし保険会社の側では、なるべく慰謝料を低く抑えたいという希望があり、そのため保険会社の基準による慰謝料提示額は、低くなってしまいます。しかしその金額に納得せず、弁護士基準で慰謝料請求を行うことができます。交通事故専門の弁護士が公正な判断によって交渉すれば、慰謝料を当初より上げることが可能です。

交通事故慰謝料は弁護士基準が最も高い

交通事故慰謝料は、弁護士基準で計算するのが最も高いです。一般的に、交通事故というのは加害者本人と交渉を進めていくわけではなく、自動車保険に加入している保険会社と交渉を進めていくことになります。

この保険会社は任意保険の会社であり、独自の計算基準によって示談金を見積もりますので、被害者が相談する弁護士の計算基準と比較すると根本的に異なることがわかります。任意保険基準で計算をすると、必ず保険会社が有利となる資産が出てきますが、弁護士基準で計算をすると必ず被害者が有利となる見積りを出すことができるようになります。

交通事故慰謝料は弁護士基準で増額が見込める

誰でも起こしたくないものに交通事故があります。残念ながら起こしてしまった場合、最悪の場合は通院が必要であったり、後遺症が残るような場合も少なくはありません。そういった際に発生する交通事故慰謝料ですが、実は保険会社の算定よりも弁護士基準を用いる方が増額を見込めます。

弁護士基準は交通事故において裁判所が公表している判例を参考に弁護士会が出しているもので、自賠責保険や任意保険で用いられる基準よりも高額に設定されています。ただし自分で保険会社と交渉しようとしても相手も百戦錬磨のつわものであり、簡単には増額に持ち込めません。交渉にはやはり交通事故を得意とする弁護士に依頼することが大切です。

交通事故慰謝料には3つの種類

本人や家族が交通事故にあったとき、事故をおこした加害者に対して慰謝料を請求することができます。交通事故慰謝料には3つの種類があります。入通院慰謝料(傷害慰謝料)と後遺障害慰謝料と死亡慰謝料です。

交通慰謝料の計算基準にはいくつかの基準があり、一番基準が高いのが弁護士基準です。交通事故慰謝料は被害者側の主張次第で変わりますし、弁護士に示談交渉を依頼することが大切です。交通事故全般に詳しく、実績のある弁護士事務所に相談することで、金額が大きくなる可能性が高くなります。弁護士事務所では無料相談を受け付けているので、まずは相談すると安心です。

交通事故慰謝料弁護士基準は債務整理ナビゲーション

交通事故弁護士、慰謝料に関する記事

ページトップへ戻る