債務整理は自己破産も含め4種類あります。

浮気離婚をすれば慰謝料などが請求されます

しばしばテレビのワイドショーでは、浮気や不倫の問題が面白おかしく報道されますが、 結婚という一種の社会的な契約を締結した夫婦の場合、パートナーを傷つける不貞行為は明確な違法行為となります。

「不倫は犯罪ではありませんので、早く復帰してもらいたい」等とスキャンダルを起こしたタレントのニュースにコメントをした司会者がいますが、あくまで刑事罰に問われないだけであり、不貞行為は慰謝料がパートナーから請求される違法行為ですので、庶民がそういった影響を真に受けてはいけません。

浮気離婚の場合、不貞行為を犯した側に完ぺきな非があり、慰謝料はもちろん、養育費の支払いや親権の全権委任が請求されかねません。

ページトップへ戻る