債務整理は自己破産も含め4種類あります。

自己破産について

債務整理の一つでもある自己破産。皆様にとっても認知度が一番高いのが、この自己破産ではないかと思います。自己破産のシステムはいたってシンプルです。

自己破産の手続き、申し立てを行い、確定すれば、全ての借金がなくなるというものです。

しかし、全ての借金が全てなくなるということは、審査も厳しく、誰もが自己破産できるという訳ではありません。自己破産を行うには、最低、借金が返済することができない状況ということが絶対条件になります。

そのため小額では、受けることがことができません。自己破産手続きを行うにあたり、収入のほとんどが最低の生活費に消え、借金を返すことができない。

または、借金を返す意志はあるが、現在の収入では難しいことが認められなくては自己破産の権利は与えられません。

生活態度を変えることや、支出のバランスを見直し、返済能力があるといった場合は、他の債務整理で借金を返済していくことになるでしょう。

また自己破産は借金が全てなくなる分、失うものも多い為、しっかりと自分の収入や支出のバランスなどを考えた上で、債務整理を行いましょう。

自己破産を得意とする弁護士に相談

それぞれの弁護士事務所には、得意とする分野があります。自己破産をおこなう場合において、司法書士や行政書士に相談することも可能ですがおこえる業務に制限があります。そのような場合には、自己破産の分野に長けている法律事務所を探すべきでしょう。

破産においての免責の手続きをすべき場合には9割以上が弁護士に依頼している点があげられます。破産は誰もがおこなえるのではなく、免責許可の決定を下された人だけが受けられるものです。免責許可の決定を受けるために自身でおこなうよりも、弁護士などの専門家に依頼した方が確率をあげることができるでしょう。

自己破産の借金相談を受けたほうが良い人

生活が困難になっている人だけでなく、このままでは生活が困難になる可能性があるという人は、自己破産の借金相談を受けたほうが良いでしょう。ギャンブルが理由での借金は免責がおりないという噂がありますが、実はギャンブルが理由でも裁判官の裁量で免責がおりるケースもたくさんあります。

まずは相談を受けてみましょう。もしかしたら自己破産をしなくても、任意整理をすることでなんとかなる可能性もあります。弁護士に依頼をするという方法が一番手軽ですが、自分でインターネットを調べてみるというのも良いでしょう。特定調停は弁護士に依頼せず、自分でする手続きですが、コストの節約になります。

借金相談で自己破産を勧められるケース

借金相談は借金問題を抱えた人に対してアドバイスを行うもので、弁護士などの法律事務所で無料相談を実施しているケースが多くあります。借金問題を持つ人の多くが一人で問題を抱え込んでしまう、これにより状況が悪化してしまうケースが多いため、早めに相談を受ける事が大切です。

尚、借金の相談の中では問題を解決するための方法について説明を受け、状況等に応じて自己破産が最適となるケースもあります。自己破産は、すべての債務がゼロになるなどの特徴を持つ債務整理で、マイホームを所有している場合には処分をしなければなりません。

借金相談、自己破産をして借金を免除してもらうには

自己破産で借金を免除してもらうには、支払い不能状態であることに加え、破産宣告と免責許可が必要になります。この二つがそろって、初めて借金が免除されます。破産宣告は、借金の支払い能力がないことを宣言しただけで、それだけで借金が免除にはありません。

裁判所に破産申立書を提出し、収入や財産の状況調査を基にした返済プランで、借金の返済が可能かどうか判断を行ないます。その結果、不可能と判断されれば破産が宣告され、その後免責の手続きを始めます。裁判所が支払い能力あると判断した場合は、自己破産の手続きは行えません。一般的には、弁護士や司法書士への借金相談で依頼して行なわれます。

自己破産に関する記事

ページトップへ戻る