債務整理は自己破産も含め4種類あります。

自己破産の詳細を専門家任せにしない

厄介な手続きが多いなどという事から、司法書士や弁護士などを通して自己破産を行う事が多いかと思います。

その場合には自分自身でそんなに難しい手続きなどを行う必要はありません。だからと言って自己破産の詳細を専門家任せにしない様にしたいですね。

すべては自分自身の事です。自己破産の詳細は専門的で難しい事も多いかと思いますが、せめて知る努力はしたいですね。

確かに詳細をすべて理解し覚えているというのは無理かもしれませんが、専門家と一緒に頑張って対処していかないといけません。

まるで人事の様に任せきりではなく、自分でも細かい希望を伝えたりして、積極的に解決する姿勢でいたいですね。

任意整理と自己破産の違いとは

債務整理の方法には任意整理や自己破産などの方法があります。 二つの大きな違いは裁判所を利用するか否かの違い、マイホームを所有している人は自己破産の手続きを行う事で競売にかけられて処分しなければなりませんし、裁判所で決定した事項になるため官報に掲載される事になります。

しかし、任意整理の場合はマイホームを手放す必要が無い事、裁判所を利用しないので官報に掲載が行われない、ブラックリストに掲載されないなどのメリットがあります。 また、任意整理は借金の種類を選んで債務整理が出来るのが特徴で、保証人を立てている借金がある場合、保証人に迷惑をかけてしまう恐れがあるため、保証人を立てている借金を除外して債務整理を行うことが出来るなどの特徴があります。

フリーローンで自己破産や任意整理へ

消費者金融をはじめ、銀行や信販会社などから手軽にフリーローンができるようになってから、自己破産や任意整理などの債務整理に追い込まれる個人が増えていると言います。コンビニなどのATMを使えば、24時間いつでもお金を引き出すことができます。

この手軽さが逆に無計画にお金を借りてしまう原因ともなり、トラブルの原因となっているようです。トラブルを一度でも起こすと、ブラックリストに載せられてしまうのでしばらくはフリーローンやクレジットカードを持つことができなくなってしまいます。債務整理は任意整理、個人再生、自己破産などいくつかの方法があります。

自己破産における最終手段について

自己破産は債務整理のなかでも最終的な手段であります。判断基準として迷うケースもあるかと思いますが、できる限り避けて通りたい道でしょう。しかしながら、借金の総額が大きい場合において自己破産をおこない、人生の再スタートをきるのも有効な手段であります。

財産がない人や連帯保証人がいない人、今後の借金の返済計画の目処が立てられない人が破産すべき人とも言えるでしょう。破産は免責が逃れられる債務整理になりますが、判断をするのは非常にむずかしい部分がありますので、司法書士や弁護士などの法律家の意見をしっかりと聞くべきでしょう。

自己破産に関する借金相談は無料のところもあります

銀行や消費者金融会社がカードローンやキャッシングのコマーシャルをテレビやインターネットなどで行っており、ATMなどで気軽に借金をする人が多くなっています。それに伴って、借金相談を弁護士や司法書士に持ちかける人も増えています。

最近は、面談だけではなく、電話やメールで自己破産などの相談に応じる法律事務所や司法書士事務所もあり、最初は相談料無料のところも出てきています。平日夜遅くまで相談を受け付けていたり、土日でも予約をすれば相談に乗ってもらえる事務所もあるため、競争によって便利なところが多くなっています。

自己破産を判断する前に借金相談をして別の解決策を見つける

昨今ではそのメリットばかりに惹かれて簡単に自己破産をしてしまう人が増えています。取り立てがされなくなる、返済不能の借金がなくなるというようなメリットがある反面、金融機関を一切利用できなくなるというデメリットもあります。

簡単に判断するのではなく、弁護士や司法書士、法テラスや相談センターに借金相談をすることで他の解決策を見つけることができるかもしれません。また、相談にはお金がかかるのではと心配になる人もいますが、借金相談を受ける側は相談者にはお金がないのは十分に理解しています。お金がなくても良いのでまずは相談してみることが大切です。

自己破産に関する記事

ページトップへ戻る