詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

自己破産の相談は司法書士でも可能

自己破産の相談は、通常は弁護士にするものですが、相談だけなら司法書士にすることも可能です。ただし、実際に依頼をする場合には、認定司法書士であり、かつ140万円以下の借金でなければなりません。

自己破産にはそれなりの費用もかかりますので、少額のケースではあまりメリットがありません。140万円以下の借金で自己破産をする場合には、任意整理などのほかの方法とも比較して、よく考えて行いましょう。140万円以下の借金なら、任意整理で解決できるケースのほうが多いと思います。専門家のアドバイスもよく聞いて決めましょう。

自己破産の詳細について

自己破産に必要とされる期間は申し立てから、手続きが終了するまでに半年から一年かかるとされています。かかる期間は申し立てをおこなう人によって変わってくるものだと言っていいでしょう。万が一、期間を少しでも早めたいと思うようであれば、いくつかのポイントがあります。

まず東京地方裁判所で行われる面接を即時面接の制度を利用することです。また少額管財事件の利用をすることで、期間を短くすることが可能になるでしょう。しかしながら、それぞれに規定や条件がありますので、それらをクリアした時のみに適用されるものになります。

自己破産と借金相談との関係を調べたい

借金相談をする方の中には自己破産をした方が状況的に良いのかという内容があります。この作業にはメリットとデメリットがあるので十分に検討をして手続きをすると良いです。この手続きは裁判所で行い、全ての債務を免責してもらうための手段になります。

手続き後に免責が認められると債務を支払う必要がなくなるのが特徴です。一定の金額が預貯金にある状態で、手続きをしたことがある場合は、もしかすると手放すことになるので注意が必要になります。この手続きは裁判所に破産申立書を提出します。この手続きが認められるのは支払が収入などの面から不可能だと判断された場合です。

自己破産をする前にまずは弁護士などに借金相談

自己破産をする前にまずは弁護士などに借金相談をすべきです。というのは、自己破産は誰でもどんな状況下でも出来るというわけではありませんし、それなりにリスクも高いものとなるからです。

リスクで最も高いのは、これをすると人から信用されなくなるということです。今の社会は信用によって成り立っていることがほとんどです。そして、その信用はお金を払うということで成り立っています。カードなどが使えるのもこの信用があるからです。ですから、その信用を全て失うことになる前に弁護士などに相談をして自分がどうすべきなのかを自覚することが必要です。

債務整理の一つである自己破産はすべきか

債務整理や自己破産を聞いたことがあったとしても、具体的な内容を知らない人は多いでしょう。借金問題を解決する一つの方法になりますので、利用することで毎月の返済が軽くなったり、免責される可能性もあるでしょう。

自身が返済できないほどの借金が膨らんでしまった場合には、債務整理をおこなうことをおすすめします。このような手段において借金金額は人によってさまざまですので、一概に金額をいう事はできません。しかしながら弁護士などの法律家であれば、多くの経験を積まれていますので、任意整理をすべきか、自己破産をすべきかなどの助言をしてくれるでしょう。

自己破産に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

ページトップへ戻る