債務整理は自己破産も含め4種類あります。

自己破産を司法書士に申請すれば債権者は止まります

自己破産の申し立ては弁護士だけでは無く、司法書士でも申し立てが可能です。裁判所を介した手続きですので、弁護士で無いとできないと誤解されがちですが、司法書士でも代理人になれないだけで自己破産の申し立てをすることは可能です。

破産の申し立てを行えば、債権者からの督促や訪問しての取立ては止まります。それに、払いすぎた過払い金の返還も実施されます。借金が知らないうちに増え、支払い不能な状態に陥っているのでしたら、早い段階で破産の手続きを検討しましょう。債務は無くなり生活の再建を実施することが可能になります。

ページトップへ戻る