詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

自己破産を司法書士に申請すれば債権者は止まります

自己破産の申し立ては弁護士だけでは無く、司法書士でも申し立てが可能です。裁判所を介した手続きですので、弁護士で無いとできないと誤解されがちですが、司法書士でも代理人になれないだけで自己破産の申し立てをすることは可能です。

破産の申し立てを行えば、債権者からの督促や訪問しての取立ては止まります。それに、払いすぎた過払い金の返還も実施されます。借金が知らないうちに増え、支払い不能な状態に陥っているのでしたら、早い段階で破産の手続きを検討しましょう。債務は無くなり生活の再建を実施することが可能になります。

自己破産などの借金相談をする

債務整理をすべきとわかっていても、どの手段をおこなうべきか判断がつかないケースもあるでしょう。自己破産だと思っていても任意整理や、個人再生などの手段で済むケースもあります。自身だけで見極めるのではなく、弁護士や司法書士などの多くのことを経験してきている法律家に相談すべきでしょう。

任意整理については利子などが免除されることが通常で元本自体は自身で返済しなければなりません。個人再生は自宅などの財産を残したい人や、借金の半分を返済できる人などに適用可能です。自己破産については最終的な手段となり、借金総額が大きく収入が多くは望めない人に適用がされます。

自己破産で借金相談を専門家にすることについて

始めは少ない額を借りていたつもりが、いつの間にか借金を借金で返済したり、多重債務で自分だけでは借金の返済が困難になることがあります。そんな時は、弁護士や司法書士に借金相談をすることができます。たとえお金がなくても、相談だけなら無料でしてくれるところもあります。

借金の返済に困って自己破産を考えているなら、弁護士や司法書士に相談をして、どのような債務整理がいいのか、手続きの方法など、アドバイスを貰うことができます。借金について自分だけで考えていても、良い方法や、具体的にどのような行動をしていいか分からない場合は、無料相談を利用してみる方法があります。

自己破産をする時には、事前に関係者と借金相談をすべき

自己破産をする時には、事前に関係者と借金相談をすべきです。これは当然のことと考える必要があります。というのは、自己破産というのは一切の自分の義務を放棄するということを宣言するものですから、その後にクレジットカードなどは作れませんし、当然借金なども出来なくなります。

法律上は借金が出来たりするようなことを書いているサイトもありますが、人が信用を無くすと誰も相手にしなくなるというのは当然のことです。この世はお金のやり取りで成り立っているわけですから、それを放棄することの意味をしっかりと考える必要があります。

自己破産での債務整理について

自己破産での債務整理については借金を免責されますが、さまざまな影響が出てくることが予想されますので、そのような部分も懸念し決めていくことが大切となるでしょう。借金の解決方法としては、その他にも任意整理や個人再生などの方法もありますので、そのような方法についても利用していくことができるでしょう。

自身で自己破産と決めつけるのではなく、弁護士や司法書士などの専門家に依頼し、多くの経験を持った法律家からのアドバイスを受けた方がいいでしょう。最適な方法での債務整理をおこなうことが、今後の第二の人生にもいきてきますので、そのことを踏まえて決めていくようにしましょう。

自己破産に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

ページトップへ戻る