詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

知っておきたい債務整理QアンドAへようこそ!

どうしても借金を返済ができない。
現在、自己破産をおこなおうと悩んでいる方々…。

自分で自己破産をしようと思っても、できない場合もあります。

また、債務整理の内容を知ることで、自己破産できない場合の回避や、他の方法もあることを知り、自分に一番合った方法を選ぶことができます。

このサイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

交通事故による慰謝料は弁護士相談 http://www.vivirengrado.com/

事故相談マニュアル http://www.amberboydstun.com/

相談して債務整理や過払い金返還要求を行う

債務整理を行うときには司法書士や弁護士に依頼することで、悩んでいた状態から脱することができます。できるだけ早く解決したいならまずは相談してみましょう。

司法書士や弁護士に依頼することで金融機関との交渉を行ってもらうことができますので、抱えている借金を整理できるようになるのです。

また、過剰に払い過ぎた過払い金も返還してもらうことができますので、このお金で借金を完済することが出来たり、これからの生活費として利用できるようになります。

債務整理を行うことにより、借金問題に悩むことがなくなってきますし、本来払わなくてよいはずのお金も取り戻すことができます。債務整理を行うことを検討したときには、司法書士や弁護士の無料相談を利用して詳しく話をしてみるとよいでしょう。

債務整理の中の中でも最も軽い手続きの任意整理

債務整理は借金問題に悩まされている人のために設けられている救済措置です。任意整理、過払い金請求、民事再生、自己破産などの手続きの方法がありますが、どの手続きを踏んで借金問題を解決するかは現在の生活状況や所得や債務の金額によって決まります。

その中でも最も重い手続きが自己破産です。借金がなくなるというメリットがある反面、家や車などの高額な財産が没収されたり金融機関のブラックリストに掲載されたりなどのデメリットも生じます。

ですので、借金問題が深刻化する前に債務整理の中でも最も軽い手続きである任意整理を行うのがおすすめです。借金を過払い金請求などで減額させて新たに計画を立てて3年程度で返済していくという手続きです。手続きを行うためには法律事務所の弁護士に依頼するのがベストな方法です。早めの手続きで早めに悩みを解消させましょう。

債務整理の手続きは弁護士に依頼しよう

借金やその利息で苦しんでいるなら、債務整理を行って月々の負担を減らしてもらいましょう。債務整理は弁護士や司法書士に依頼して、借入先に返済金の減額・分割支払いをお願いするものです。

借金そのものが減るわけではありませんが、前と比べて負担額が少なくなるので、日々の生活が楽になります。自己破産と違って財産が没収されないので、家族に迷惑をかけずに済みます。

官報に記録が残らないので、クレジットカードやローンの審査に引っかかる心配がありません。出費は弁護士・司法書士の依頼にかかる料金だけなので、自己破産と比べて損失を最小限に抑えることができます。

債務整理の自己破産について

借金が返済できなくなった場合に、債務整理を検討する人がほとんどでしょう。債務整理には任意整理と個人再生、自己破産などの手段があります。この手段は借金の総額や持っている資産、返済能力、家族構成などさまざまな要素を総合的にみて決定されます。

そのなかでももっとも深刻な借金の場合には、自己破産の手段を取らざるおえなくなるでしょう。しかしながら破産については、借金が免責されますので借金から開放されることができます。信用情報に記載されるなどデメリットな部分もありますが、自身の人生をやり直しするためにも有効な手段となるでしょう。

過払い請求のデメリットについて

過去に払い過ぎた利息を取り戻すことができる過払い請求ですが、メリットと同時にデメリットも存在します。まず、多重債務者で現在借金を返済中の方は、請求をおこなうと債務整理と同じ扱いになってしまい、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。

登録されると、新規の借入やクレジットカードの作成が不可能になります。事故情報の登録期間はおよそ5年間と言われているので、その間はローンを組むこともあきらめざるを得ません。ただし、借金を完済した後ならこの問題は心配ありません。また、過払い請求をした貸金業者で新たな借入ができない可能性も高いです。このことも頭に入れておく必要があるでしょう。

借金相談をしてから自己破産申請をする

借金が返せなくて苦しんでいる人は多いでしょう。どうしても返せなくて困っている人は、無料で弁護士に相談出来る借金相談がありますので利用する事をお勧めします。借金が返せない場合は、自己破産申請をする事が出来ます。

弁護士が裁判所に自己破産の書類を提出してくれるので、認められれば借金を全額返す必要がなくなります。しかしデメリットもあります。車などの所有物はすべて放棄しなければなりません。手元には20万円までの現金しか残す事は出来ません。家族に迷惑がかかるのを心配する人もいるでしょう。しかし連帯保証人になっていなければ家族に害が及ぶ事はありません。

弁護士基準で交通事故慰謝料請求をする

交通事故に遭った時は、慰謝料請求をすることができます。交通事故慰謝料請求ができるパターンは、被害者に障害が残った場合や死亡した場合です。交通事故で慰謝料請求ができるパターンは、3種類あります。

自賠責基準と任意保険基準、そして弁護士基準です。この中で一番請求できる金額が低いのは自賠責基準です。自賠責保険の範囲内でしか請求することができないからです。運転者が任意保険に加入していれば任意保険基準を適用することも可能になります。これに対して、弁護士基準は、一番請求額が高いのが特徴になります。この基準を利用するためには、交通事故弁護士を利用して訴訟や和解をすることが必要です。

すぐ必要な交通事故専門の弁護士

もし、交通事故が発生した場合には、できるだけ時間を置かないですぐに弁護士に相談したくなる事もあります。でも、交通事故専門の弁護士に知り合いがいないとなると、気持ちの面において焦ってしまう事もあります。

困った時には、自分で交通事故専門の弁護士を見つけないといけないというだけではなくて、法テラスなど公的機関を利用すると、交通事故専門の弁護士を紹介してもらう事ができます。

個別に交通事故専門の弁護士(交通事故弁護士)を探して見つける事が難しい様であれば、この様な方法もある事を頭に入れておきましょう。いざ事故が発生すると頭が真っ白になる人も多いですが、交通事故弁護士が見つかると少し楽になる人もいます。

後遺症が残る交通事故を弁護士へ

特に大きな問題や不満を抱えているという分けではなくても、念のために後遺症が残る交通事故は弁護士に相談しておくのもおすすめです。後遺症が残る場合は、交通事故の慰謝料の金額の増える可能性もあり、できるだけ解決における交通事故慰謝料が、相応しいかどうか弁護士に診断してもらえると、安心できます。

後遺症が残る交通事故では、しばらくは余裕がない状況に置かれる事も多いので、弁護士がいてくれると、何かと助かります。後遺症が残る交通事故で分からない事は、弁護士に質問すると教えてもらう事ができます。できるだけ事故直後の負担を、交通事故弁護士を利用して減らす事で、少しでもストレスを軽減できるでしょう。

なりたい交通事故弁護士

社会人になれば、交通事故弁護士として活躍したいと考えている人も多いでしょう。交通事故の弁護士になりたい場合には、大学の法学部に在籍すると、専門的に学ぶ事ができます。交通事故の弁護士になるのは本当に難しく、希望していてもすべての人が司法試験に合格する分けではありません。

交通事故の弁護士になるには、長い間コツコツと努力を積み重ねる必要があります。また、交通事故の弁護士になってからも、人のこれからに関わる事を扱いますので、楽な仕事ではありません。しかし、本当に大変な状況に置かれている人で、辛い思いをしている人を救う事ができます。この資格を持っているからこそ可能な仕事です。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

ページトップへ戻る