債務整理は自己破産も含め4種類あります。

債務整理を詳しく知る

借金の返済をしているが、これから先のことを考えると、利息分を払っているだけとなり、元金が減らない。

経済的に借金の返済にお金を回せない。

現状のままでは借金が増え続ける。

このようなことになれば、自己破産を行い、借金を支払わなくても可能にしようと考え、自己破産を考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、このような現状の奪回が自己破産だけではありません。

自己破産だけではなく、借金をより返済しやすくする法的な対策があります。

それが債務整理なのです。
自己破産以外の債務整理には、任意整理、特定調停、個人民事再生の3種類あります。

自己破産のように借金の返済をまったく行わなくてもいいということにはなりませんが、借金を一部圧縮し、返済計画を行っていくということが可能になります。

自己破産での債務整理の利点

自己破産での債務整理の利点としては、第一に借金の免責が認められることでしょう。また、返済不能になると日常の判断もつかなくなるほど、追い詰められてしまうケースもありますので、裁判所で認められることによって、第二のスタートをきりやすい点があげられるでしょう。また、破産の手続きを開始するにあたって、債権者からの差し押さえなどの心配がなくなりますので、精神的に楽になることでしょう。このようなメリットがあげられますがリスクも同時に伴い、借金を返済しなくて良い状態になりますので、簡単に繰り返してしまうケースも多々あります。しっかりと反省し第二の人生については、計画を立てていくことが大切です。

司法書士がおこなう債務整理

司法書士がおこなう業務のなかに新たに債務整理が加えられました。債務整理は借り入れていたお金を返済できなくなった人に対しての法的な救済策になります。債務整理には個人再生や自己破産、任意整理などの手段があり、依頼者の状況によって適応されるものが変わります。

制限がこれらの手段にはあり、だいたい一社あたりの金額が140万円以下や、簡易裁判所で行う手続きの代理業務なら、司法書士が対応してくれます。制限を超えてしまうと書類作成のみとなります。債務整理をおこなうことで、生活の再スタートをきることができますので、多くの人にとって有効な手段になるでしょう。

債務整理においての自己破産と生活保護について

債務整理においての自己破産をおこなうと、生活保護が受けられないという事はありません。しかしながら、生活保護を受けられる該当者かどうかは、また別の話しになるでしょう。現在、借金の金額が膨れ上がり無理な生活を強いられている場合には、自己破産をおこなうことも一つの選択肢としてありえることでしょう。

しかしながら、債務整理については、他にも任意整理や個人再生などの手段もありますので、合わせて検討し決めていくことが必要になってくるでしょう。自身だけで決めるのではなく、借金問題に長けている法律家を交え考えていった方がいいでしょう。

車のローンを債務整理後に組む事ができるかどうか

返済に行き詰ってしまって、解決できる方法が見当たらないという状況にあり仕方なく債務整理を行う人もいる様です。その後に車を買いたいという人もいます。しかし、債務整理を行うというのは、どうしても返す事ができない状況において利用されます。

ブラックリストに載る場合もあります。ですので、その後に車のローンを組んで購入するという事はできない可能性もあります。

車は趣味で欲しいというだけではなく、生活するのに必要に迫られる事もあります。また、仕事で必要としている人もいます。ローンを組む事はできませんが、貯金して購入する事ならできますので、貯金できるまでしばらく待ちましょう。

債務整理に関する記事

ページトップへ戻る