詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

過払い請求は専門の弁護士に

過払い請求は、利息制限法の上限を超えてお金を貸していた業者に対し、不当に支払っていた分を返還してもらう制度です。この制度は、2006年に貸付を行った人は時効を迎えてしまいます。現在、テレビやインターネットの広告を見ても、過払い金についての情報が流れていますが、それには時効を迎えてしまう理由があるからです。

この時効によって今後は、過払い金を請求する人は少なくなっていくでしょう。2006年以前に貸付を行い、今は返済が完了している人は過払い請求ができる可能性があります。時効を迎える前に、専門の弁護士に依頼することがおすすめです。

過払い請求の方法について

過払い請求は、法率基準を超える高い金利での返済していた借金の利息に対して、過払い分を取り戻すための請求を行うことを言います。長期間借金の返済を続けている人には、請求を行える過払い金が発生している可能性があります。その場合、請求した過払い金を現在の借金の返済に充てることで、完済までの期間を早めることができます。

また、すでに借金を完済した人でも、完済から10年以内であれば、過去の借金に対する過払い分を請求することが可能な場合があります。過払い金があるかどうかや、請求手続きの方法については、弁護士に相談することで、スムーズに確認することができます。

過払い請求には期限があります

過払いの可能性があると思われる場合は、早めに弁護士に相談するのが賢明です。過払い請求ができる期間には期限があります。過払いがある事が分かっても、期限が過ぎてしまえば、1円も取り戻せ事が出来なくなります。2010年までに消費者金融やカード会社からお金を借りたことのある人は、かなり高い確率で過払いの可能性があります。

その中でも、6年以上取引期間がある人は高額の過払い金が貼っていしている可能性が高いです。カード会社によって対応はそれぞれです。任意交渉でも回収出来るところもありますが、返済までの期間がずいぶん長いようです。

過払い請求ができても弁護士に払う金額は多い

特に大量に過払い金を持っている人の場合、弁護士に支払う報酬が多くなってしまうと思ってください。報酬の金額は、過払い請求によって受けられる金額から出されることになり、受け取っているタイミングで支払いが生じてきます。最初に支払う必要が無いのはいいですが、金額的にかなり多くなってしまう場合もあります。

割合で決められている場合、金額が相当な数字となっている場合、余計に負担が大きくなってしまいます。弁護士が要求している報酬は、変更できないケースが多くなっているので、かなりの負担を確保して過払い請求を実施することとなります。

過払い請求を行うにあたって

過払い金は、必要以上に払いすぎた利息のことを指します。自分がいくら払いすぎているかを知ることで、過払い請求を行える可能性があります。請求を行う方法は、自身で行うか、弁護士に相談する方法があります。自身で行う場合は費用が安く済みますが、手続きなどもすべて自分がする事になるため、手間と時間がかかります。

弁護士にお願いする場合、多少の費用はかかりますが、その分手続きなども行ってくれるため、難しいことをしなくて済むというメリットがあります。まずは自分に過払い金が発生しているのか、またそれがいくらなのかを相談してみるだけでも、過払い金が返ってくる第一歩につながります。

過払いに関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

ページトップへ戻る