詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

過払い請求でお金を取り戻す

法定利率よりも多い利息で返済をおこなっていた場合には、過払い請求をすることでお金が戻ってくる場合があります。通常企業などからお金を借り受けた場合には、元金に利息を上乗せして返済することとなりますが、その利息率は法律で規定されています。

法定利率を超える利息率での返済があった場合には、その分は過剰に返済していた金額として返金を請求することができます。この過剰金額の返済請求を、過払い請求と言います。なお、この請求を行う場合には、時効の有無などといった法的要件があるため、弁護士に相談し、依頼する方が安心と言えるでしょう。

過払い請求をするなら頼りたい弁護士

自分の借金や利息が支払いすぎていて、過払い金の対象になっているとわかった場合でも、自分ではどうすることもできません。中には、自分で金融業者に交渉する人もいるでしょうが、相当の労力が必要ですし、素人あてに取り合ってくれる業者はなかなかいません。

そんなときは弁護士を仲介して上手く交渉してもらい、過払い請求を行うのが賢明です。取引のあった業者の一覧と取引期間がわかるのがベストですが、わからなくても、身分証明書と自身の印鑑があれば、弁護士にお願いすることができ、スムーズに対応してもらうことができます。相談だけでも可能なところもあります。

過払い請求トラブルについて

出費が増え何かと金銭不足に陥った時に頼もしい味方となるキャッシングやローン制度です。ところが利息を計算した時に言われるがままに法律の範囲を超えた異常な手数料を支払ってしまうことがあります。そうした払いすぎた金額を過払い金といい、返還を求めることができる制度が過払い請求です。

過払い請求をするには様々な法律が絡み合うため、法律の専門家である弁護士に頼ることが解決の近道となります。しかし、交渉には時間がかかり、二重トラブルが発生することもあるため、依頼者の側でもトラブルの案件を整理した後に、金融に強い弁護士に依頼をしていくなどしっかりとした態度で挑むことが重要です。

過払い請求をして借金から解放されましょう

借金で苦しんでいる人の多くは、払いすぎた利息があります。払いすぎた利息を金融機関に対し返金してもらうように請求することが出来ます。過払い請求をする場合は、弁護士を通じ各金融機関に請求をしていきます。

弁護士が金融機関に請求を行った時点で借金の返済を一時的にストップさせる事も出来ます。返ってきた過払い金はそのまま借金の元本に充てることが出来るので借金の減額をすることが出来ます。多額のお金が返ってくるケースもあるので、過払い請求で長年苦しんできた問題から解放されたケースもあります。借金で苦しんでいる方は、相談してみてください。

過払い請求 は払いすぎたお金を返してもらう事

お金を貸す時の利息は利息制限法できめられています。しかしながら、2007年ぐらいまでは、多くのカード会社や消費者金融などが、高い利息で貸し付けていたのです。払いすぎた利子をグレーゾーンといいます。これが過払い金です。出資法と利息制限法が違っていたためにおきました。

近年、法律が変わり、払いすぎたお金を取り戻す事ができるようになったのです。これを過払い請求といいます。利息制限法と出資法の差額を引いて、過払い金を返還してもらえます。お金を2010年までに借りた人は可能性として過払い金が発生しているかもしれません。早めに弁護士に相談するのが賢明です。

過払いに関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

ページトップへ戻る