債務整理は自己破産も含め4種類あります。

業務内容を明確にしている司法書士

法律で定められている司法書士が扱えるすべての仕事を行っているという事は、大手の司法書士事務所であればもちろんありますが、少人数や個人で開業している人などであれば部分的に業務を行っている事もあります。

ですので、少人数や個人で活動を行う司法書士の中には、最初から業務内容を明確にしている事もあります。業務内容を明確にしている司法書士は顧客にとっても、相談できる内容がはっきりしていて分かりやすいのでいいですね。また、何か司法書士に聞きたい事がある場合には、その人の仕事範囲について調べてから聞く様にしたいですね。少しでも聞きたい内容を専門としている人を選ぶといいかと思います。

司法書士で仕事をする人たち

全国にはたくさんの司法書士事務所があります。

その中で仕事をしているのは司法書士の資格を有する人だけとは限りません。一人で開業している場合や数人で仕事をしている会社であれば全員が資格を持っている事もあります。しかし、中には補助者として働いている人もいます。

補助者として働くには登録が必要になります。また、大きな規模の事務所になれば経理や営業などを行う担当の人や部署が存在する場合もあります。受付や秘書などを行う人がいる場合もあります。

この様に一つの事務所の中にはいろんな人が一緒に仕事をしている事もあります。仕事を依頼する人や、働きたい人はぜひ詳しく知っておきたいですね。

司法書士を募集

司法書士の募集を行っているところといえば、当たり前のことですが、司法書士が運営している法律事務所でしょう。

特に、書類申請や提出書類の作成など、法務局への登記業務を中心に行っているような事務所では、かなり人手を必要としているようで、業務補助者だけではなく、有資格者を募集しているところも少なからずあります。

まだ経験の少ない若手の司法書士にとってこうした事務所に勤務するメリットといえば、実地で業務を一通り経験することができるために、そのキャリアを作って行く上でおおいにプラスになるということが挙げられるでしょう。

有資格者であれば未経験者可、である事務所もあります。

ページトップへ戻る