詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

気軽に着手したい過払いは弁護士や司法書士へ

なるべく肩の荷を下ろした状態で過払いをしたいという人は、完済した後に過払いを行うといいでしょう。

中には切羽詰まった状態で過払いをする人もいるかもしれませんが、返済中と完済後では好きなタイミングを選んで過払いをする事ができます。

過払いの手続きを行っても、短期間ですべての手続きを終える事ができない場合もあるかと思いますが、手続きを早めにしたいという人もいる様です。難しく考えるのではなく、気軽に行うのもいいかと思います。一人でできないと感じた人は、弁護士や司法書士などの法律家に手伝ってもらうと、楽に済ませることができるかと思います。

過払い金の返還交渉をする際にも、弁護士や司法書士などの法律家が行ってくれるとなると安心できますね。

司法書士の仕事の内容について

司法書士になるには、国家試験に合格する必要があります。試験は誰でも受けることができますが、合格率は低く、難関資格となっています。主な仕事は、法務局や裁判所、検察庁などに提出する書類の作成や手続きの代行になります。

不動産登記や商業・法人登記、相続に関する書類や遺言書の作成、内容証明書や契約書の作成などがあげられます。また、法務大臣から認定司法書士として認定されると、簡易裁判所で140万円までの民事訴訟の代理業務を行うことが可能です。依頼人に代わって、簡易裁判所に出廷し、弁論をおこなったり、和解を受けたりすることができます。

司法書士事務所を選ぶ際のポイント

司法書士に何かを依頼する場面というのは、人生において何度もある事柄ではありません。人それぞれ個人差がありますが、依頼する回数が少ない分、良い担当や事務所を選びたいものです。良い担当にめぐり合うためには良い事務所を選ぶ必要があります。

事務所選びのポイントとしては、まず事務員に相談を丸投げせず、司法書士自身がきちんと相談を聞いてくれるかです。また、相談態度が横柄ではないか、依頼者の立場にたって相談に応じているかなどポイントはいくつかあります。いずれにしても複数の事務所に相談し、見極めることが大事になります。

業務内容も多岐に広がる司法書士

借金問題や遺産相続、人間家計におけるトラブルや協議離婚など、様々な問題が一般生活でも見受けられる中、司法書士としても取り扱われている問題案件が存在しています。法務局や裁判所への提出が必要とされる書類作成が専門業務とされる中、会社の登記登録や不動産の登記事項に関する事柄なども、取り扱い業務として挙げられます。

気になる問題が発生した場合の気軽な相談から、実際の手続き依頼に至る着手までが無料で受け付けられている機関も存在しているため、費用が気になる方にとっても気軽に利用できるシステムとして充実しています。

速やかに問題解決させるための司法書士

司法書士によって業務展開されている取り扱い内容として、借金問題や遺産相続など弁護士と重複することもある他、裁判所や法務局などへの提出が必要な書類作成、会社の法人登録、不動産の登記事項に関する事項などが専門的に受け付けられています。

無料での相談業務に対応されている機関も多く、気になる問題が発生した場合に、気兼ねなく利用できるシステムとして整えられています。速やかな問題への対処が期待されると同時に、スムーズな解決を進めたい場合においても、法律に基づいた適切な対処方法が見出せるため、ストレスを抱えずに対応できます。

司法書士に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

ページトップへ戻る