債務整理は自己破産も含め4種類あります。

司法書士、大阪

勉強を行うなら、少しでも早く司法書士に受かりたいですね。勉強にかなりの労力を費やしたり、時間をかける事になります。日常生活の中でやるべき事ややりたい事があっても、我慢して勉強に励まないといけない事もあるでしょう。

勉強する事自体は好きだという人が多い様ですが、時には遅れてしまうなど大変な事もあるでしょう。ゆっくりと勉強するのではなく、早いペースの方が詰め込んで勉強する事もできます。

少しでも早く合格する事を目指して司法書士合格に向けて努力したいですね。試験を受けるチャンスはきっと何度もあると思いますが、できるだけ早い時期に受験する事を目指すといいでしょう。

また、受かる自信がなくても実力を試すために、受けるのもいいですね。

多様な業務を担っている司法書士

司法書士になるためには資格に合格するだけではなく、日本司法書士会連合会の名簿に登録しなければなりません。主な業務は登記・供託に関する代理、法務局または地方法務局への手続き代行や書類の作成などが仕事となります。

付帯業務としては当事者または関係者の依頼で成年後見人・相続財産管理人といった業務も可能です。また平成14年からは、法務大臣が認定することで業務が拡張する新制度が誕生しました。その条件は難しくなく、一定の特別研修を修了する事で認定されます。これによって弁護士が行ってきた簡易裁判所における民事訴訟や債務整理など諸業務を代行することが可能となりました。

不動産の登録に司法書士は不可欠

不動産を購入してそれを登記簿に登録するときには、司法書士の協力が不可欠になります。弁護士は、一般的に包括的な法律業務を担当することになりますが、司法書士は不動産に関する登記を専門的に行う職業です。

簡易的な手続きであるのならば裁判も可能ですが、これに関しては関連する金額が低額で会ったケースに限定されます。主な仕事は不動産売買に関わるものであり、実際に海外から日本の不動産を購入したいと考えている人の登記も請け負うことができます。この場合、大使館などと連絡を取って不動産取引の仲介となることもできるので、非常に便利な職業です。

司法書士で対応できない案件について

認定された司法書士が応じられる訴訟には、法律上の規制がさせています。あくまで簡易裁判所に限定されたものとなり、訴額が140万円までと決められています。ですが家庭裁判所など他の裁判所への書類作成と提出は可能となっており、直接依頼者と同行したり、代弁者として出向く事はありません 。

それと比べ弁護士の場合であれば、法律に関する事は全て対応してもらえるので、依頼者の負担はほとんどありません。当然費用は高くなりますが、大きな訴額となりうる交通事故で被害者となった場合は、交通事故弁護士が大きな力となってくれます

司法書士になりたい、どうしたら?

独立すると、比較的安定した収入が得られる司法書士が人気です。しかしながら現実は、合格する人が少ない狭き門です。そのため、働きながら、或いは学生をしながら資格取得を目指す人が少なくありません。大学受験の際に、既に資格取得を目指したいと思っているなら、学内で取得のための講座がある学校を選んでもいいでしょう。

入学後に資格そのものについて知ったなら、独学かダブルスクールをするしかありません。自分が考える人生設計に基づき、今すぐすべきこと、長期間でしていくべきこと、後々することに分けて優先順位をつけると迷うことがありません。

司法書士に関する記事

ページトップへ戻る