債務整理は自己破産も含め4種類あります。

弁護士になるまでの道のり

弁護士になるために一番大変な事は司法試験に合格するという事でしょう。
しかし、長い受験生活を終え、ようやく合格する事ができれば次は、弁護士になるための研修期間が待っています。最高裁判所が合格者を集め研修を行いますので、必ず受講する必要があります。

司法試験は弁護士の他にも検察官や裁判官になる事もできますが、まずは全員が同じ内容を学ぶそうです。研修は2年間という長い時間をかけて行われます。

最初の1年は定められたカリキュラムを受け、次の10カ月間は実務の経験を積む事になります。

最後の2カ月間は自分の進みたい分野で実務に近い形で学ぶ事ができます。研修を終えると早速キャリアのスタートです。

ページトップへ戻る