債務整理は自己破産も含め4種類あります。

情報の扱いも重要な司法書士

個人情報が漏えいしたというニュースをよくテレビで見かける事もあります。近年ではどの様な仕事においても情報の扱いが重要視される事も多い様ですね。司法書士においても、顧客から非常にパーソナルな情報を預かる事になります。

扱いや管理は慎重に行う必要があります。知り得た情報は絶対に他の人に話をしてはいけません。

たとえ、それが家族など近しい人であっても話す事は禁じられています。他にも書類に個人情報が記載されている場合には、必ずシュレッダーを使って、何が書かれてあるか分からない様にしてから処分している所もあります。

どこから情報が漏えいするかわかりませんので、多くの司法書士は気を使っている様です。

ページトップへ戻る