詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

情報の扱いも重要な司法書士

個人情報が漏えいしたというニュースをよくテレビで見かける事もあります。近年ではどの様な仕事においても情報の扱いが重要視される事も多い様ですね。司法書士においても、顧客から非常にパーソナルな情報を預かる事になります。

扱いや管理は慎重に行う必要があります。知り得た情報は絶対に他の人に話をしてはいけません。

たとえ、それが家族など近しい人であっても話す事は禁じられています。他にも書類に個人情報が記載されている場合には、必ずシュレッダーを使って、何が書かれてあるか分からない様にしてから処分している所もあります。

どこから情報が漏えいするかわかりませんので、多くの司法書士は気を使っている様です。

司法書士と弁護士が一緒に活動する事務所

特に全国規模で仕事をしている事務所の場合、採用している専門家は多くないと駄目ですから、弁護士だけでなく司法書士も採用しています。採用する人を増やすことで、多くの案件に対応できる仕組みを取っています。

当然ですが、1年目の人もいますから、慣れていない場合もあります。個人で仕事ができるのは、ある程度の仕事が終わってからで、厳しいところだと2年くらいは手伝い程度の仕事しかできません。それでも司法書士も採用することで、簡単に案件を受けられるようにしている他、安心して任せられる状況を作り出し、仕事量を増やしているのです。

司法書士の基本事項や行っている業務

司法書士については国家資格でその資格は、その関連法律に基づいています。専門としている法律の知識をもとにして登記や供託を代わりに行ったり、裁判所だけでなく検察庁や法務局などの公的機関に提出する書類を作って提出したりします。

その中でも認定というのは法務大臣によって認定を受けていて、簡易裁判所で行われる民事訴訟や民事執行だけでなく、民事保全などの当事者の代理となることができます。国家試験には筆記と口述試験があります。資格を有していてもなるためには、日本司法書士会連合会の名簿の登録を行うことが必須となります。監督する立場は法務局や地方法務局の長です。

債務整理がおこなえる司法書士

2002年に制定された司法書士法の改正によって、司法書士においても借金の相談ができるようになりました。借金の相談は主に返済不能になってしまった債務者に対して、法律的に解決することができる債務整理での方法ですすめていく形になります。

債務整理の方法としては任意整理や個人再生、自己破産などの方法があり140万円以内までの制限がありますが、弁護士と同じように借金相談のり債務整理をおこなうことができます。弁護士と比較して費用が安いなどのメリットがある部分などもますので、合わせて検討してみるといいでしょう。

司法書士になるには専門学科を卒業する必要があるの?

司法書士になるには、弁護士と同じように法律専門学科を卒業しておく必要があるのでしょうか?実は専門学科を出ておく必要はありません。国家試験は誰でも受験資格を持っているのです。しかし試験自体の合格率は3パーセントとなっており、非常に狭き門であることには違いがありません。

試験は1年に1度しかありませんので、まさに一発勝負です。独学で勉強する人も多いですが、多くの人は専門学校に通ったり、専門の教材を頼んで勉強しています。社会人の人でも勉強している人が多く、会社が終わるような時間帯から始まる授業も多いです。

司法書士に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

ページトップへ戻る