詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

交通事故慰謝料

小さい交通事故であれば慰謝料などは必要ない事もありますが、けが人が出た場合などには、慰謝料が必要になってくる事もあるでしょう。

その場合には弁護士に相談して、金額を決めたり、もしくは交渉したりする事もあるでしょう。弁護士に相談すれば、何かと解決しやすくなる事もあるでしょう。

しかし、被害者に対して支払うお金だけではなくて、法律家に対しても費用を支払う必要がありますので、注意しないといけませんね。目先のお金の事ばかり考えるのではなくて、交通事故が発生すればしっかりと解決しておいた方がいい事もあるでしょう。

何が大事なのかという事をよく考えて、行動する様にしたいですね。

交通事故慰謝料の示談では、示談金がアップした事例を参考にしよう

交通事故慰謝料について保険会社と示談をするときは、あらかじめ示談金がアップした事例について調べておくことがおすすめです。弁護士に依頼をすると高い確率で慰謝料の金額は上がりますが、問題はどのくらい上がるかです。

ほんの数万円しか上がらないのであれば、弁護士費用や手間を考えると、弁護士を雇うメリットはないと考えるかもしれません。逆に、示談金が2倍、3倍になるのであれば、弁護士に依頼をすることを迷わないでしょう。

インターネットなどで交通事故慰謝料の示談金がアップした事例を調べておき、可能性がありそうなら、弁護士に相談をしてみましょう。正式に依頼をするまでは、弁護士報酬はかかりません。

交通事故慰謝料は示談金の交渉から始まる

交通事故慰謝料を請求する時に、最少は示談金の支払いの交渉を行うのが普通です。示談が成立するならばそこで支払いが完結するため、時間がかかり手間もかかる訴訟は、最終的に合意が形成されなかったときに用いられます。

交通事故慰謝料を裁判で請求するためには、相手の過失により行為から具体的な精神的な損害が起こったことを立証していく必要がありますが、示談ならば相手が応じれば立証する必要がありません。ただし、まっとうな主張をしないと交渉で相手を説得することができません。そこで、交渉は弁護士を代理人にして行うのが確実です。

弁護士基準の交通事故慰謝料は請求額が高くなる

弁護士基準の交通事故慰謝料では、慰謝料請求額が高くなるというメリットがあります。本来、交通事故慰謝料における請求基準は、自賠責基準化任意保険基準となることが普通です。特に、弁護士に被害者側が相談をしていなかった場合には、任意保険の会社が相場を計算して示談交渉が進められていきますので、相手の相場によって慰謝料の計算が行われることが普通です。

ただ、保険会社の基準で慰謝料の計算をすると、大多数の場合で見積り額が小さくなるので被害者にとっては不利となります。より大きな見積りにしてもらうためにも、弁護士基準は非常に重要です。

弁護士基準での交通事故慰謝料

突然、交通事故に巻き込まれてしまった場合、被害者の立場として怪我の治療費や入院費、仕事の休業に関する補償など、交通事故慰謝料を加害者へ請求することができます。両者の間に保険会社が介入して条件交渉や示談が進められるものの、思うようにスムーズに進められない際など、弁護士の存在が頼りになります。

法律に基づいた対応策が見出せるだけでなく、弁護士基準での判断が可能となります。個人で対応する場合よりも多額の慰謝料が得られるケースもあり、被害者として損することなく、優位な立場での条件交渉が行えるようにもなります。

事例によって異なる交通事故慰謝料

交通事故慰謝料の請求は、事故の発生事例などにも大きく影響します。主に、被害者の方が怪我を負ってしまった場合の治療費や入院費、さらに仕事を休まなければならなくなってしまった場合の補償など、複数の項目が対象として計算されます。

個人的な解決が速やかに行われない場合などによっては、弁護士などの法律機関、さらに交通事故相談センターなどの関連機関へ相談することもできます。法律に基づいた判断や、正式な手続きなどを上手く取り入れることにより、さらに大きなトラブルへの発展を防ぐことができ、スムーズな解決に繋がります。

交通事故弁護士、慰謝料に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

ページトップへ戻る