債務整理は自己破産も含め4種類あります。

意識を変えて債務整理を回避

借金を返済するというのはかなりの努力が必要になってくる事だろうと思います。お金で想像を絶するほど辛い思いをしている人も少なくないようですね。

債務整理をするまでにも返済で大変な思いをしたり、またその後にも生活が困窮し辛い思いをする人もいる様です。債務整理は何としても回避したいですね。そのためには、自分の意識を徹底して変える事も必要ではないでしょうか。

大人になってから自分を変えるというのは簡単な事ではないかもしれませんが、自分が変わらなければ、いつまで経ってもダラダラと借金をしてしまう人もいる様です。

これからの自分のためにもぜひ意識を変えたいですね。

債務整理の自己破産におけるリスク

債務整理の自己破産におけるリスクは、信用機関において破産したことが記載されてしまうことでしょう。クレジットカード会社などの貸金業者に借り入れすることも五年以上許されません。また、自身の名前や住所が官報に掲載されてしまうことや、職業についても就けないものが出てきます。借金が免責される事は人生をリセットするのに、非常に良い機会となりますがこのようなデメリットがいくつかあることもしっかりと理解しておきましょう。また、他の債務整理の方がむいているようであれば、その方法で債務の整理をおこなうことをおすすめします。

債務整理での自己破産

債務整理での自己破産は手段の一つとなっていて、返済不能になってしまった借金を法的に解決していく方法になります。この方法については、最終的な方法とも言えますので、決断する前にしっかりとメリットやデメリットを理解していくことが必要になるでしょう。

債務整理には、他にも、任意整理や個人再生といったさまざまな手段もありますので、返済不能になったからといって自己破産をする必要はないでしょう。万が一、任意整理や個人再生などの手段で借金の返済が可能なようであれば、そのような方法をとっていくことをおすすめします。

債務整理で個人再生を選択したときに知っておきたいポイント

借金を減額させる債務整理方法としてあげられるのが個人再生です。この個人再生は、住宅や自動車を失うことなく、現在所有する借金から減額した一部を完済できるように軽減する方法です。ですが、全てメリットばかりではありません。

この方法を選択する時に知っておきたいポイントとしては、最長7年間にクレジットカードの新規発行や、新しく借金ができないようにブラックリストに載ります。また、借金したときの保証人に迷惑がかかったり、官報に載るなどのデメリットもあります。この点を踏まえて、将来のことも考え適切な選択をしましょう。

個人再生委員は債務整理をお願いした弁護士が選ばれやすい

債務整理として個人再生を選んだ場合、監督者として個人再生委員が選任されます。この再生委員は、債務者を監督する役目があり、弁護士が選ばれることが多いです。裁判所の中には、再生委員を選任しないところもあります。

弁護士が代理人となって申立を行ったときはつきません。しかし、本人が代理人を通さずに申立を行った場合にのみ、再生委員をつける裁判所もあります。あくまでも裁判所の補助機関として、貸金業者と金融機関の仲介を行い、中立の立場で手続きを行っていくのが再生委員です。依頼するのならば、債務整理の専門家にお願いしましょう。

債務整理に関する記事

ページトップへ戻る