詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

弁護士基準で交通事故慰謝料を考えたら

交通事故の被害者になって、保険会社より慰謝料の金額が提示され、この金額で妥当なのかと迷う場合もあります。ですが、未だに交通事故慰謝料は、保険会社に提示された金額のまま了承してしまう人が多いです。保険会社が提示する慰謝料は、会社が決めた項目と算出方法に添って出されるので、最小限にされていることが多いです。

一方、弁護士基準となれば、保険会社が考慮する項目のほかにも、弁護士が考える基準が増え、当然慰謝料も増額します。弁護士に依頼した時点で、裁判基準の慰謝料を基にし、それから被害の状況によって増額する可能性もあります。

交通事故慰謝料は弁護士基準が高額になります

交通事故慰謝料には2種類あります。入通院慰謝料と後遺症慰謝料です。後遺障害慰謝料は、後遺症が後遺障害として認定された時に支払われるものです。入通院慰謝料の計算方法は、自賠責基準の場合、入院なら入院期間、通院なら実通院日数を2倍にしたものと、治療期間を比較してどちらか少ない日数を適用します。慰謝料は1日4200円と決まっています。

実通院日数×2、治療期間のいずれか少ない方に、4200円をかけた金額になります。120万円を超える支払いの場合は、任意保険基準の計算法になります。弁護士基準にするには弁護士を立てる事が必要になります。

弁護士基準での交通事故慰謝料

交通事故の被害者になってしまい、相手の加害者に損害賠償請求を行うような負傷を受けてしまった場合、早ければ事故の直後から示談交渉は始まります。被害者が交渉する相手は加害者の加入している保険会社担当員ですが、示談書に急いでサインすることだけはやめましょう。

弁護士基準の慰謝料の金額は保険会社の自賠責基準よりも高額な慰謝料を得ることのできる可能性があるからです。自賠責基準ではどのような立場の方がなくなっても、一律350万円支払われます。ですが、弁護士基準では2000万以上の交通事故慰謝料が支払われるのです。いずれのケースにおいても、自賠責よりも大幅な金額になるのでよく調べてから行動しましょう。

弁護士基準で決まってくる交通事故慰謝料

交通事故慰謝料はある程度の相場が弁護士基準で決まってきます。より優秀な弁護士に依頼すると慰謝料を安く勝ち取ることが可能にはなっています。

被害者に誠意ある謝罪と優秀な弁護士にかかってくると言っても過言ではありませんし、弁護士に依頼しないで裁判に望むと予想外の慰謝料請求になる可能性がありますので、依頼するか迷っていたとしても弁護士を依頼しておく方が、安く済み易く、書類やアドバイス等を求めやすいことや、示談の話合いにもなりやすいので、困惑することがなくなります。弁護士費用はかさみますが、後々のことを考えれば高い費用になりにくいことがあります。

弁護士基準によって交通事故慰謝料は全然違う

交通事故を起こしてしまって、相手に損害を与えてしまった場合、膨大な慰謝料を請求される場合が多々あります。その際に無難な弁護士を付けて対応してもらうのは大きな間違いです。なぜなら弁護士基準で交通事故慰謝料を大きな幅を持ってしまうからです。

上限下限は法律や判例によって概ね決まってきますが、法的責任の重みを考慮することが出来るのは専門の弁護士だけです。事故専門の弁護士を探しておくともしもの時の保険になります。弁護士を雇うという事は法的に自分の身を守る事と同じです。やってしまったものは仕方ないとあきらめず、あがくことが出来るという事も覚えておきましょう。

交通事故弁護士、慰謝料に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

ページトップへ戻る