債務整理は自己破産も含め4種類あります。

司法書士で過払い請求

過払い請求を司法書士にお願いした場合、弁護士とは違って相談料や着手金は取らないところが大半です。ですので、依頼主が支払うべきは成功報酬のみとなります。

この成功報酬には日本司法書士会連合会による規定があり、訴訟を伴わない場合は回収された過払い金の20%まで、訴訟を伴った場合は回収された過払い金の25%までと定められています。ただし、別途消費税は必要になります。

これはあくまでも上限ですので、探せばこれよりも少ない報酬で引き受けているところもあります。

相談料も不要ですので、過払い金額が140万円を超えていないならば司法書士事務所に一度相談に行くことをお勧めいたします。

計算すると過払い請求も弁護士の数字が正しいとわかる

自分が計算して場合に、過払い請求ができると判断しているケースもあります。金額を出してみると、弁護士はしっかりと確認を取るようにして、もう1回計算を行うようにしています。

この計算を考えていくのは、本当に依頼主が提示しているものが正しいのかチェックするためで、過去に用意されていた消費者金融などから計算をもう1度行って、法廷の金利に数字を直して計算を行い、過払い請求ができるか判断しています。もしかしたら自分の計算が間違っている可能性もあるので、弁護士の方に1度計算してもらうのはいいことです。間違っていた場合は、正しい方を使います。

足りない過払い請求の書類は弁護士に

書類が足りない場合には、過払い請求ができない場合もあります。特に利用している内容などについて、わかっていない場合には過払いが生じているのか判断できない可能性もあり、場合によっては問題となります。

足りない書類を集めてくれるのも弁護士のいいところで、困っているところで対応してくれます。しかも金額的に安心できる状況を作ってくれる可能性も高くなり、無理をして過払い請求を行う必要もありません。必要な書類を準備して、確実に過払いが生じていることを相手に伝えてから、交渉によって引き出すようにするのがやり方です。

過払いに関する記事

ページトップへ戻る