債務整理は自己破産も含め4種類あります。

交通事故弁護士に依頼をすると慰謝料が増える?

交通事故の慰謝料の算定基準には、自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準の3つがあり、通常は任意保険基準で計算されます。しかし、被害者に知識がないと、そこにつけこまれて最も低い自賠責基準で計算されてしまうこともあります。

また、最高額の裁判所基準で算定するためには弁護士に依頼をする必要があります。 怪我が軽くて、金額が低額になる場合には、弁護士に依頼をするメリットはあまりないかもしれませんが、軽症に見えても後で後遺障害が発覚するケースもあります。

相談だけなら無料で受けてくれるところも多いので、交通事故弁護士に相談を受けてみましょう。

ページトップへ戻る