詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

TOP 離婚弁護士 浮気離婚と慰謝料請求の時効に関する注意点

浮気離婚と慰謝料請求の時効に関する注意点

恋愛小説やテレビドラマの中ではしばしば美化される浮気ですが、現実で不貞行為を行えば、ほぼ百パーセントに近い確率で浮気離婚へと発展します。

浮気は明確なパートナーへの背信行為です。不貞行為をした夫や妻は、相手から慰謝料を請求されて当然になります。また浮気離婚慰謝料は、パートナーだけではなく、夫や妻に対してハニートラップを仕掛けた不倫相手にも可能です。

そして気をつけたいのが慰謝料請求には時効が存在している点でしょう。パートナーの不貞行為が発覚してから、3年を超えてしまうと時効の関係から請求権を喪失しますので、後で落ち着いたら請求しようと棚上げするのは禁物であり、浮気離婚を進める過程で粛々と弁護士と手続きを講じるべきです。

浮気離婚慰謝料の支払いは常識の範囲内で

不貞行為による浮気離婚慰謝料は、裁判で判決を得る場合と裁判外で合意する場合とでは金額の相場が違います。前者は約300万円が相場となっておりますが、後者は当事者同士の合意があれば無制限に請求できます。ただし、社会通念上、あまりにも高額な浮気離婚慰謝料については、相手が支払いを拒み、合意の無効を訴える裁判を起こす可能性があります。

そうした泥沼の裁判沙汰を避ける為に、常識の範囲内の請求額とし、かつ分割払いなどに柔軟な姿勢を見せるなどの対策が必要となります。もちろん、感情的になってしまい、うまく対応できそうもない場合は、弁護士などの専門家の力を借りた方がスムーズな解決が期待できます。

離婚に関する記事

浮気離婚慰謝料は配偶者にも請求できる

浮気離婚慰謝料は、夫もしくは妻と浮気をしていた浮気相手に対してすることができます。しかし、離婚をする場合には配偶者も他人になりますので、慰謝料を請求することに意味があります。

浮気離婚慰謝料は相手の支払い能力によって金額が変わる傾向があるので、専業主婦をしていた妻からはそれほど高額な慰謝料はとれないかもしれません。しかし、無職でも50万円程度なら認められる可能性があるので、諦めずに請求をしてみましょう。慰謝料の金額はケースバイケースで変わってくるので、まずは弁護士に相談をして、相場がいくらくらいになるのかなど、アドバイスを受けてみましょう。

浮気離婚をすれば慰謝料などが請求されます

しばしばテレビのワイドショーでは、浮気や不倫の問題が面白おかしく報道されますが、結婚という一種の社会的な契約を締結した夫婦の場合、パートナーを傷つける不貞行為は明確な違法行為となります。

「不倫は犯罪ではありませんので、早く復帰してもらいたい」等とスキャンダルを起こしたタレントのニュースにコメントをした司会者がいますが、あくまで刑事罰に問われないだけであり、不貞行為は慰謝料がパートナーから請求される違法行為ですので、庶民がそういった影響を真に受けてはいけません。

浮気離婚の場合、不貞行為を犯した側に完ぺきな非があり、慰謝料はもちろん、養育費の支払いや親権の全権委任が請求されかねません。

メニュー

HOME   債務整理大阪   自己破産   自己破産大阪   自己破産の費用   弁護士   債務整理   過払い   過払い請求   交通事故弁護士   交通事故慰謝料   交通事故慰謝料と弁護士基準

浮気離婚慰謝料を請求する場合は期限があります

浮気離婚の場合、相手方に慰謝料を請求する権利に時効という期限があります。この期限が過ぎてしまうと、浮気をしたご主人や浮気相手への請求が難しくなってしまいます。

不貞行為の慰謝料は、「損害および加害者を知った時から3年」と、「不倫関係があったときから20年」の2通りあります。この時発生する浮気離婚慰謝料によって時効の時期が異なりますので、法律の専門家にご相談することをおすすめします。

また、単なる過ちといえるような1度の肉体関係で請求することは難しいと言えますし、浮気相手が既婚者であることを知っていたことが前提となります。時効が近いので何とかしたいと思っている場合にも止める方法などがありますので、専門家へ急いで相談しましょう。

浮気離婚慰謝料の相場に関して

夫や奥さんの不倫が原因で、浮気離婚の話し合いを進めるカップルがいます。今も昔も、浮気離婚は減っておらず、近年では特に専業主婦の不倫件数が増加して来ており、日本人カップルの離婚率は昭和初期に比べて格段に上がっています。

浮気を働いた奥さんまたは夫には、精神的苦痛などを経済的に補填する慰謝料が請求可能です。一方的な不貞行為によって浮気離婚に至った場合、相場としては250万円前後の慰謝料がもらえます。

あくまで相場であり、相手の経済状況や不貞行為の内容、年数や悪質性などによっては額が増減します。早々と離婚調停を進めたいあまりに慰謝料請求権を放棄する方もいますが、精神的苦痛を埋めるお金は正しく受けるのが基本であり、何もバチが当たる事ではありません。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

ページトップへ戻る