債務整理は自己破産も含め4種類あります。

取り立てと司法書士への債務整理依頼

借金の返済が遅れてしまったりすると、取り立てが来る事もあると思います。やはり借りた分はきちんと返すというのは当たり前の事ですね。

しかし、突然思いがけない事が発生するなどして、これから返済できる目処が立たなくなったりする事も考えられます。そんな時は司法書士へ債務整理の相談をするといいでしょう。

取り立てが来るようになってから債務整理をするのではなく、来るまでの段階でこのままではまずいという時に、すぐに司法書士に相談するのが理想的でしょう。債務整理の手続きをする際には、すべて完了していなくても取り立てが止まる事もある様です。

本当に困っているなら、取り立ての有無に関係なく債務整理などの借金の相談を司法書士にしたいですね。

自己破産の債務整理を都道府県の機関で相談

借金相談については弁護士や司法書士だけに相談するのではなく、都道府県が設置している機関においても無料相談が可能になっています。相談に基づいた規定や条件などは、その自治体などにおいても違いがありますので、ホームページなどで確認してから尋ねることをおすすめします。

また、債務整理の自己破産などをおこなう場合には、弁護士事務所を紹介してくれますので、安心して相談することが可能になるでしょう。弁護士に対して借金相談をおこなうのは、ハードルが高いと思っていた人にとって、利用しやすいサービスと言えるでしょう。

債務整理は自己破産の手段を選択

債務整理は自己破産の手段を選択した場合において、弁護士と司法書士はどちらに相談すべきか迷うことでしょう。これが任意整理や過払い金などの制度であった場合には、司法書士に相談しても良かったかも知れません。

しかしながら、自己破産の場合には司法書士の借金相談についての制限に引っかかってしまうケースもありますので、間違いない対応をしておくためにも、弁護士に依頼することがいいでしょう。破産の申し立てについては裁判所を通しておこないますので、時間や費用などがかかるケースがあります。そのような場合を想定して依頼することをおすすめします。

個人再生による債務整理なら財産を守れます

借金返済の目処が立たず自己破産を検討中の方は、弁護士や司法書士など法律の専門家に相談してみる事をお勧めします。自己破産は借金を帳消しにできるものの、財産を差し押さえられる等のデメリットも多数あります。

専門家が債務の状況を確認すれば、他の適切な債務整理を推奨してくれる可能性があります。例えば個人再生という手続きならば、財産を維持したまま、借金を最大5分の1まで減額することが可能で、そのうえ無理なく借金を分割返済できる計画を立てる事ができます。ただし清算価値保証原則という決まりにより、債務者の保有する財産価値に応じて返済額も変動します。詳細は専門家に聞いてみましょう。

最終手段としての債務整理

借金を抱えていてどうしようもない時の最終手段として債務整理があります。
債務整理は借金をしている人にとって心強い味方となってくれるでしょう。

しかし、これは最終手段なので借金が利子で膨らんでどうしようもなくなる前に早めに専門家などに相談するとよいでしょう。
また、債務整理には様々なものが含まれています。

自己破産、任意整理、個人再生、特定調停などがあげられます。
それぞれの解決方法にはデメリットもあります。そのため、注意しないといけません。

また、借金をする際には、完全に返済できるような計画を立てましょう。

債務整理に関する記事

ページトップへ戻る