債務整理は自己破産も含め4種類あります。

弁護士に自己破産を依頼する際の費用

自分の力だけでは至らない部分もあり、自己破産を弁護士に依頼する事は多いみたいですね。その際には当然弁護士費用がかかります。

自己破産をする時には、お金に余裕がない状態で弁護士の所に来る人もいるみたいですが、全く余裕がないのであれば依頼すらできなくなってします。

ですので、あまりにも困窮した状態になってしまうまでに自己破産の相談する事をおすすめします。また早めに相談すると、破産は回避できる可能性だってあります。

まだ大丈夫と楽観的に考えるのではなく、少しでも早くプロに相談するという方向で考えた方がいいかもしれませんね。それこそが解決に向けた近道なのかもしれないですね。

自己破産におけるデメリット

借金の返済が尽きてしまった場合に、法律的に解決する方法として債務整理があることを多くの人が知っているでしょう。債務整理においては債務者が抱えている借金の総額や返済できる能力などによって手段は大きく変わってきます。

借金が深刻化してしまっている場合には、自己破産という手段があります。自己破産の大きなメリットは借金を免責できることです。しかしながらクレジットカードの利用停止や、就けなくなる職業があるなどのデメリットも数多くありますので、そのあたりをしっかりと理解してから、手続きをおこなうべきでしょう。

借金相談では自己破産という選択肢について

借金で苦しんでいる場合、この場合自己破産という方法があります。自己破産を裁判所に申立てて免責が認められると、借金が免除されます。そのため、借金取り立ては無くなりますし、銀行などの債権者に返済する必要はなくなります。

そのため、借金相談などについて悩まなくなりますし、リセットされます。これは、経済的な負担のみならず、精神的な負担も解放される点では、大きなメリットです。解放されることで、生活の再建へ進みやすくなります。但し、高価な財産を持っている場合は、処分されてしまいます。しかし、生活に必要な財産は処分されません。

借金相談をして自己破産の検討を行おう

借金相談をすると、自己破産を利用するかどうかを持ちかけられることがあります。債務者にとって、自己破産を含めた債務整理を利用することでメリットは全くと言って良いほどありません。そのため、弁護士などに相談をして実際に利用できると分かったときには、すぐにでも利用することが重要になります。

債務は、どうしても支払うことができないときにはそれを免責してもらうことが可能です。この面積は弁護士ではなく裁判所がしてくれるものであるため、一度その許可がおりると債権者であっても債務者に二度と金銭の返還を求める主張ができなくなります。

自己破産すべきか、弁護士に借金相談してみよう

複数の貸金業者から借り入れを行う多重債務の状態に陥ってしまうと、どの業者からどのくらいの借金があるのかを把握することすら難しくなり、完済どころではなくなります。このような状態になってしまったら、迷わず、弁護士に借金相談をしてみましょう。

多重債務の状態から抜け出すためには、まず、債務整理を行って、現在どのくらいの借金が存在するのか正確に再計算します。その結果、到底返すことができない額であったとしても、自己破産を検討するのはまだ早いです。まずは弁護士に任意整理を依頼し、無理のない範囲で返済ができるよう返済額の減額ができないか、業者と交渉してもらうのがよいでしょう。

自己破産に関する記事

ページトップへ戻る