債務整理は自己破産も含め4種類あります。

債務整理の種類

まず、債務整理には以下の4つの種類があります!

  • 「任意整理」
  • 「特定調停」
  • 「個人民事再生」
  • 「自己破産」

また、債務整理の方法は、 主に4種類あります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人民事再生
  • 自己破産

上記の中で一番認知度が高のは、自己破産ではないでしょうか?
自己破産とは、現在の借金を法律の力を使い全て帳消しにするものです。

自己破産と他の3つの債務整理には大きな違いがあります。
返済するかしないかです。自己破産は借金が帳消しになりますが、他の3つは返済を行います。

弁護士に債務整理を依頼して過払い金がわかる

弁護士に対して債務整理を依頼する場合、どの金融業者のどれだけ債務があるのかという資料を提出することがあります。債務額がまったくわからなくても、弁護士が調べることは可能ですが、貸金業者と交渉する前に事前におおよその額を知っておいた方が話を進めやすいのです。

その際、過払い金が発生しているのを見つけることがあります。そうすると、任意整理などの方法で貸金業者に返済をするという話から、過払い金を業者に請求するという話に変わってきます。

多情債務で返済と請求の交渉を一緒にやらないといけないという場合は、どちらかだけの交渉と比べると時間がかかります。

任意整理、債務整理の手続きと借金相談のタイミング

大阪の大手の法律事務所においては、債務整理に関する手続きを取るうえで、具体的なアドバイスをしてくれる弁護士が多く在籍していることがメリットとして挙げられます。

特に、任意整理などの仕組みを理解するには、初心者にとって難しいことが多くあるとされ、早いうちから借金相談の方法を理解することがおすすめです。 人気の高い弁護士の借金相談のサービスに関しては、今や幅広い世代の人々からの期待が寄せられています。 また、任意整理のタイミングについて迷っていることがあれば、信頼のおける弁護士の助言を受けることがポイントです。

債務整理の注意点について知ろう

債務整理をする上で注意点があります。債務整理をした事実が信用情報登録機関に記載されるので、クレジットカードや銀行カードローンは記載されている間は利用出来ません。そのため支払いには現金が必要になります。

自己破産以外の方法だと支払いは続けていく必要があるので、支払いながら現金を貯めていく必要があります。 クレジットカードや銀行カードローンの支払いは通常とは違う和解契約に基づく支払いになりますが、そちらも遅延すると通常の遅延よりもかなり厳しい対応となるので、和解契約をした場合には遅延は絶対に許されません。

特定調停を用いた債務整理とは

借金の返済に行き詰ってしまった人をそのような状況から救済する目的で設けられているのが債務整理の制度です。この債務整理の制度にはいくつかの種類がありますが、特定調停と呼ばれる手続きはそのうちのひとつです。

特定調停の特徴としては借金を抱えている債務者とお金を貸した側である債権者との間に裁判所が入り、今後の借金の返済について交渉を進めていく点にあります。債務者と債権者が今後の借金の返済に関して交渉を進めていく債務整理の方法には任意整理というものがありますが、この手続きでは債務者と債権者が直接交渉を進めていくことになるので、この点が手続きを進めていくうえで大きな相違点となります。

どのような手続きで借金を整理していけばいいかについては借金の金額や収入などによってケースバイケースとなります。借金の返済に行き詰まりを感じたときにはまず最初に弁護士に相談をするようにしましょう。

ページトップへ戻る