詳しく知っているといざという時に役立つ。債務整理は自己破産も含め4種類あります。知識として知っておくことで役に立つことがあります。

交通事故慰謝料での弁護士基準と弁護士に依頼しないでもいいケース

交通事故慰謝料の弁護士基準は、被害者が弁護士に依頼するか、裁判に訴えた場合に適用される基準です。被害者が個人で加害者側と示談交渉していて、弁護士基準が適用されることはありません。理にかなった交通事故慰謝料額というのは、裁判で判断されるものですから、当然弁護士に依頼し、妥当な慰謝料額としたいところです。

しかし、弁護士費用という問題があります。被害者の加入している民間保険に、弁護士費用特約がついている場合は、たいてい300万円まで弁護士費用が給付されます。特約が使えなくて、軽傷で後遺障害も残らなかったなら、弁護士に依頼しないでもいいと言えなくもありません。

弁護士に依頼して増額される損害賠償額よりも、弁護士費用のほうが高くつく可能性が高いからです。弁護士に相談すると、そうした事情が説明されるでしょうから、そうした事実を踏まえて、検討することになります。

費用倒れになってもいいから、正当な賠償額としたいと考える場合もあります。交通事故の場合は、他のケースと違い、弁護士費用も積極損害として認められることが多いので、弁護士費用を加害者に支払わせることが可能な場合があります。加害者が任意保険に加入している場合は、そうした面も含めて検討することとなります。

交通事故慰謝料での弁護士基準と重度な事故の場合

もし運が悪く交通事故に遭ってしまったら、後遺障害が残ったときに限り、慰謝料請求をすることが可能になります。慰謝料請求をする場合には、交通事故と後遺障害の因果関係が認められなければいけません。もし因果関係が認められたならば交通事故慰謝料請求をすることが可能になります。

交通事故慰謝料請求をする場合には、主に三つの基準があります。一つが自賠責基準です。この基準は自賠責保険に入っている人が適用できる基準です。 自賠責保険は車に乗っている人であればだれでも加入していますので通常この基準がだれでも適用されると思って間違いありません。次に任意保険基準があります。任意保険基準の場合は任意保険に加入している人限定ですが、8割方の人は任意保険に加入していますのでこちらの基準を適用した方がよいでしょう。

最後に弁護士基準があります。この基準は弁護士に相談をして実際に交通事故の事例を担当してもらった場合に適用できます。三つの基準の中で一番高額な慰謝料請求をすることが可能になるのです。 もし重度な事故により後遺障害が残った場合、第一級であれば2800万円、2級であれば2370万円、3級であれば1990万円請求することが可能です。

弁護士基準で交通事故慰謝料を計算すると大幅に増額?

交通事故に巻き込まれてしまうと、けがをする可能性が高くなります。もし後遺障害が残るような怪我であれば交通事故慰謝料請求することが可能になります。交通事故慰謝料には14のパターンありレベル1が一番重度の障害になり、レベル重要が一番軽い障害になります。

一番軽いといっても、障害が残る怪我ならば慰謝料請求をしたほうがよいでしょう。 もし交通事故で後遺障害が残った場合、その慰謝料請求については、大きく分けて3種類あります。一つが自賠責保険基準と呼ばれるもので、自賠責保険に加入している人に対しては、この基準で請求することができます。ふつうはほぼ間違いなく車の運転者は自賠責保険に加入しているので、この保険が適用可能です。ですが欠点は、慰謝料が少ないということです。 次に任意保険基準がります。に保険基準の特徴は、自賠責保険よりももらえる額が大きいことになります。

ちなみにどのくらいの基準額になるかは明確にされていません。なぜなら、それは保険会社が決めるからです。保険会社の取り決めによっていくらもらえるかが変わってきます。最後に弁護士基準があります。弁護士基準を利用する場合は、ほかの慰謝料請求よりも増額されることがほとんどです。

交通事故慰謝料で最も高額なのが弁護士基準です

交通事故に遭った場合、一番気になるのが交通事故慰謝料だと思います。計算方法が3つあり弁護士基準、自賠責基準、任意保険基準です。最初は保険会社が対応をしてくれるので、保険会社の基準で交通事故慰謝料を提示されます。

しかしながら、なかなか誰もが納得出来る金額を提示されるということがありません。弁護士はそんな時に利用したいです。慰謝料の相場は弁護士が一番高くなっていて、提示された金額をさらに引き上げることも可能です。無料相談を行っている弁護事務所が多く、提示された金額が適正かどうかも判断してくれるので、事故に遭ったら弁護士に交通事故相談を行ってください。

交通事故慰謝料が弁護士基準で増額した事例もある

交通事故による被害があったときは、交通事故慰謝料を受け取ることができます。慰謝料は、自賠責保険、任意保険、弁護士の3つの基準があり、平均も違っています。後遺障害がある場合、等級に応じて後遺障害慰謝料も違いますが、これも3つの基準があるのです。

慰謝料は被害者が適切だと感じる額が支払われない場合もあります。慰謝料が適切ではないときは、弁護士に依頼することができます。弁護士に依頼することで慰謝料が高額になった事例も存在します。事故によって精神的な苦痛や、入院、後遺障害、治療費、仕事など被害に見合った慰謝料にすることが必要です。

交通事故弁護士なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故弁護士、慰謝料に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

ページトップへ戻る